• プレミアム
  • ビジネス
  • フリー
  • パソコン
  • スマートフォン
  • モバイル

URL一括設定

ショップ移行の際に、SEO施策ページの効果を、MakeShopにて作成したページに引き継ぐことのできる機能です。
※任意URLに対し、パラメーターを指定することはできません。

URL一括設定


  • 1プルダウンでダウンロードしたい商品データを選択します。
  • 2クリックすると選択したURL設定データをダウンロードできます。
  • 3プルダウンでダウンロードしたいカテゴリーを選択します。
  • 4クリックすると選択したURL設定データをダウンロードできます。
  • 5独自ページのすべてのデータをダウンロードできます。(プレミアムプランのみ)

URL設定のアップロードをします。


  • 1アップロードしたいcsvファイルを選択します。
  • 2クリックするとファイルがアップロードされます。

現在のURL設定のデータ削除をします。


  • 1プルダウンで削除したい商品を選択します。
  • 2クリックすると選択した対象のデータを削除します。
  • 3プルダウンで削除したいカテゴリーを選択します。
  • 4クリックすると選択した対象のデータを削除します。
  • 5独自ページの全てのURL設定データを削除します。(プレミアムプランのみ)

URL一括設定用のCSV設定手順

登録

1. プルダウンメニューより対象を選択します。

URL情報を設定する対象を、プルダウンメニューより選択します。

2.「現在のURL設定データダウンロード」ボタンをクリックします。

3. CSVがダウンロードされます。

4. 任意URLの設定をおこないます。ダウンロードしたCSVの値を変更します。

初回は、項目「任意URL」の値は、ブランクとなっています。
「任意URL」、「canonical属性の設定先」の値を適宜変更してください。

※ 項目の詳細は、URL一括設定用のCSVの形式・詳細をご確認ください。
サンプルCSVを参考にしてください。

5. アップロードします。

変更したCSVファイルを、「ファイルアップロード」ボタンよりアップロードします。

6. 設定内容の反映をします。

エラーが無ければ、CSV設定内容が反映されます。
※ エラーとなるケースは、「8. CSVファイルの項目一覧」の「入力ルール」をご確認ください。
※ 商品のカテゴリを変更した際は、設定内容は削除されます。再度、URLの設定をおこなってください。

削除

1.プルダウンメニューより対象を選択します。

URL情報を設定する対象を、プルダウンメニューより選択します。

2.「現在のURL設定データを削除」ボタンをクリックします。

3.「対象を削除しますか」のポップアップがあります。

4.プルダウンで選択した対象のURL設定が削除されます。

※任意URLの設定のみ削除されます。
初回は、項目「任意URL」の値は、ブランクとなっています。「任意URL」、「canonical属性の設定先」の値を適宜変更してください。

※ 項目の詳細は、URL一括設定用のCSVの形式・詳細をご確認ください。
サンプルCSVを参考にしてください。

5. アップロードします。

変更したCSVファイルを、「ファイルアップロード」ボタンよりアップロードします。

6. 設定内容の反映をします。

エラーが無ければ、CSV設定内容が反映されます。
※ エラーとなるケースは、「8. CSVファイルの項目一覧」の「入力ルール」をご確認ください。
※ 商品のカテゴリを変更した際は、設定内容は削除されます。再度、URLの設定をおこなってください。

※任意URLの設定のみ削除されます。

URL一括設定用のCSVの形式・詳細

    1. 設定するURL情報をCSVファイルで作成することで、一括で任意URL設定が可能です。

    商品詳細URL、カテゴリーURL、独自ページURL1つごとに1行のデータを作成してください。

    2. CSVファイルとは「,(カンマ)」にて項目が区切られた形式のデータファイルです。

    Excel(エクセル)を使ってデータ作成をおこない、「ファイル」→「名前をつけて保存」→「ファイルの種類」にて ”CSV(カンマ区切り)(*.csv)”を選択し保存することで簡単に作ることができます。

    ※ CSVファイルの1行目に項目名の行として無視します。実際のデータは2行目から記述してください。

    ※ CSVファイルのファイル名は、半角英数字で作成してください。拡張子は必ず .csv としてください。

    3. 項目数は全部で6個です。

  • 先頭より、「URLタイプ」 、「システムURL」 、「名称」 、「canonical属性の設定先」 、「任意URL」、「noindex設定」 となります。(各項目の詳細は、項番8にて後述します)

    4. データ中に以下の文字(記号)がある場合、その項目は必ず「”(ダブルクォーテーション)」にて囲むようにしてください。

    (データを囲んでいる「”(ダブルクォーテーション)」はデータに反映されません)

    また、Excel(エクセル)を使ってデータを作成した場合、自動で処理されていますので考慮する必要はありません。
    ・「,」(カンマ)
    ・「"」(ダブルクォーテーション)(※)

    ※ 「"」(ダブルクォーテーション)や改行をデータとしてオプション名などに含めることは推奨しません。
    ※ 「"」(ダブルクォーテーション)をデータとして登録する場合は重ねて指定してください。
    (例:「1"2」と登録したい場合、「1""2」と指定)

    5. CSVで一括設定できるURL数に制限はありませんが、アップロードファイルの最大サイズは200kbまでとなっています。

    6. URL情報を上書きするときは、対象を特定する項目(キーにする項目)を指定してください。

    キーにする項目は、下記2項目となります。

    項番 列名 項目名 必須 説明
    1 A URLタイプ 必須 任意URLを設定するURLのタイプが指定されます。
    (URLタイプとシステムURLが一致しない時、更新されない)
    2 B システムURL 必須 (URLタイプとシステムURLが
    一致しない時、更新されない)

    7. 項目「任意URL」の設定を初期化する場合は、CSVに該当箇所にNULLと入力して、更新してください。

    他の項目に、NULLを指定した場合は、エラーとなります。
    全ての商品に対して設定を初期化する場合は、「現在のURL設定データを削除」からも初期化することが可能です。

    8. CSVファイルの項目一覧

    項番 列名 項目名 必須 初期値 入力ルール 説明
    1 A URLタイプ 必須 システムより入力 ・更新の際のキーとなる項目
    (URLタイプとシステムURLが一致しない時、更新されない)
    ・半角数字(1、2、3)

    任意URLを設定するURLのタイプが指定されます。
    1=商品詳細
    2=カテゴリ
    3=独自ページ

    2 B システムURL 必須 システムより入力 ・更新の際のキーとなる項目
    (URLタイプとシステムURLが一致しない時、更新されない)
    ・重複するURLは使用不可※2
    システムで採番されたURL(コード)です。
    URLタイプ:1=商品コード ※ 3
    URLタイプ:2=カテゴリコード ※ 4
    URLタイプ:3=独自ページURL ※ 5
    3 C 名称 必須 システムより入力 ・変更不可 商品名、カテゴリ名、独自ページ名称のいずれ
    かが、システムにより入力されます。
    (設定対象の判別にご使用ください)
    4 D canonical属性の設定先 必須 0 ・半角数字(0、1) URL正規化を指定する、canonical属性の設定先を指定します。
    0=システムURLにcanonical属性を設定する
    検索エンジンにシステムURLを優先的にインデックスさせる
    1=任意URLにcanonical属性を設定する
    検索エンジンに任意URLを優先的にインデックスさせる

    参考:canonical属性とは?

    5 E 任意URL 任意 NULL ・半角英数字、ハイフン(‐)、
    アンダースコア(_)等※1
    ・重複するURLは使用不可※2
    任意設定できるURLを入力します。
    ドメイン以下のURLを入力してください。
    ※2の場合、エラーとなります。
    空欄でアップロードした場合、設定されている内容を更新しません。
    「NULL」と入力してアップロードすると任意URLの設定を削除します。
    6 F noindex設定 任意 0 ・半角数字(0、1) 対象ページを検索エンジンにインデックスさせないnoindex属性の出力を指定します。
    0=noindexなし(インデックスされる)
    1=noindexあり(インデックスされない)

    参考:noindex設定とは?

    ※ 1 URL使用可能文字とは

    使用可能文字:英数字、ハイフン(‐)、アンダースコア(_)等、日本語
    (使用不可能:機種依存文字、半角カタカナ) 
    ※ハイフン(-)は、文字区切りとして検索エンジンに認識されます。
    ※アンダーバー(_)は、連結文字として検索エンジンに認識されます。

    ※ 2 重複するURLとは

    同一Shop内で、同じシステムURLに対して複数の任意URLの設定はできません。
    また、項番2と項番5とで同じURLは使用できません。
    システム使用済みURL(※以下参照)も使用できません。

    システム使用済みURLとは

    /html(ショップ情報関連ページ) /shop(ショップ機能関連) /board(掲示板) /owner(店長紹介) /gonggu(共同購入) /new(お知らせ) /shopdetail(商品詳細) /shopbrand(商品カテゴリー)
    上記ディレクトリ以下にあるページのURL、及び、/index.html(トップページ)、/top.html(使用不可)
    (例)/html/company(会社概要)

    ※ 3 (URLタイプ:1)=商品コード 例)/shopdetail/001001000028/ shopdetail以下のURLが入力されます。
    例

    ※ 4 (URLタイプ:2)=カテゴリコード 例)/shopbrand/001/001/X/ shopbrand以下のURLが入力されます。
    例

    ※ 5 (URLタイプ:3)=独自ページURL 例)/html/page1.html /html以下のURLが入力されます。
    例

    9.CSVファイルの設定例

    A B C D E F    
    URLタイプ システムURL 名称 Canonical属性 任意URL noindex設定 期待する効果 Canonical
    設定先
    1
    1
    1
    1
    1
    2
    2
    /002001000001
    /002006000001
    /002010000001
    /002010000002
    /002001000010
    /001/001/X
    /001/002/X
    商品名1-1
    商品名2-1
    商品名3-1
    商品名3-2
    iPhone6
    カテゴリ4-1
    カテゴリ4-2
    1
    1
    1
    1
    1
    1
    /product-1-1
    /product-2-1
    /product-3-1
    /product-3-2
    /iPhone6
    /category-4-1
    /category-4-2
    0
    0
    0
    0
    0
    0
    0
    他社からの移行の際、他社で利用していたURLのSEO効果を引き継ぐ

    商品名をURLにいれることで、検索にヒットしやすいURLにする
    任意URL
    1
    1
    1
    1
    1
    1
    1
    /002001000003
    /002001000004
    /002001000005
    /002001000006
    /002001000007
    /002001000008
    商品名4-3
    商品名4-4
    商品名4-5
    商品名4-6
    商品名4-7
    商品名4-8
    0
    0
    0
    0
    0
    0
    /shop/004003
    /shop/004004
    /shop/004005
    /shop/004006
    /shop/004007
    /shop/004008
    0
    0
    0
    0
    0
    0
    0
    他社からの移行の際、他社で利用していたURLからのアクセスを可能にしつつ
    検索エンジンにはMakeShop発行のシステムURLを優先してインデックスさせる
    システムURL
    3 /page1.html 独自ページ 1 /seo-campaign.html 0 他社からの移行の際、他社で利用していたURLのSEO効果を引き継ぐ 任意URL
    1
    1
    /002001000009
    /002001000010
    Tシャツ(黒)
    Tシャツ(白)
    0
    0
    0
    1
    内容の重複するコンテンツの一方にnoindexを指定し、SEO効果の低下を防ぐ システムURL

    canonical属性とは?

    1つのページに対し複数のURLが存在する場合などに、検索エンジンに対し、どのURLを優先的にインデックスさせるか、URLを正規化する設定となります。

    参考:正規 URL を使用する

    MakeShopの場合、システムURL/任意URLどちらを優先的にインデックスさせるかの設定が可能です。

    noindex設定とは?

    指定することで特定のページを検索サイト(Google,Yahooなど)にインデックスさせることを抑止し、検索結果に表示させなくすることができます。
    また、色や数量のみ異なる複数の商品ページなどが重複コンテンツと検出された時などに指定することで、SEOへの影響を低減することができます。

    ※本機能は対象ページにnoindex属性値を出力するものであり、すべての検索エンジンにおいて期待する効果を保証するものではございません。