• プレミアム
  • ビジネス
  • フリー
  • パソコン
  • スマートフォン

サイトマップの設定

SEO対策に必要なサイトマップの作成、およびMETAタグの入力をする画面です。

GoogleやBingの検索エンジンに直接サイトの情報を登録することで、より確実に検索エンジンにサイトを認識してもらうことができます。そのために、サイトマップの設定は必要な作業です!検索エンジンにサイトを認証させることで、SEO効果を促進することができます。

Google Search Console(旧 Google ウェブマスターツール)
Bing Webマスター ツール をご利用いただくにあたって

◆Google Search Consoleを利用するには、Googleアカウント(無料)が必要です。

Googleアカウント取得はこちら(Googleページ)

◆Bing Webマスターツールを利用するには、Windows live ID(無料)が必要です。

Windows live ID取得はこちら(Windowsliveページ)

※「Google Search Console」、「Bing Webマスターツール」に関してのご質問は、MakeShopではお答えすることができません。仕様に関してはGoogle、Bingの各サイトへお問合せください。

・Google Search Console Google Search Consoleヘルプはこちら

・Bing Webマスターツール Bingヘルプはこちら

サイトマップの設定

  • 1「XMLサイトマップを作成」をクリックします。

  • 2サイトマップを出力する/しないを設定する
    ・「サイトマップを出力する」にチェックを入れた場合24時間以内にXMLサイトマップが自動で出力/更新されます。(1日1回の頻度で自動出力/更新されます)
    ・「サイトマップを出力する」のチェックを外した場合XMLサイトマップが削除されます。
  • 3出力するコンテンツのチェックボックスに、チェックを入れます。
  • 4入力後、必ず「保存」ボタンをクリックして反映してください。

XMLサイトマップ作成完了後の画面

  • ※サイトマップファイルの作成が完了すると、管理画面上に最終作成日時が表示されます。
    表示後、【 Google Search Console 】【Bing Web マスター ツール 】への登録をおこなってください。

以下の場合に、XMLサイトマップが自動更新されます。

  • 商品を登録・コピーした場合
  • 商品カテゴリーを登録・削除・修正した場合
  • 独自ページを登録・削除した場合
  • 任意URL設定(商品詳細、商品カテゴリー、独自ページ)をした場合
    ※商品カテゴリーのみCSVアップロード時
  • 掲示板を作成・削除、おしらせ、インフォメーションを登録・削除した場合

XMLサイトマップは「サイトマップを出力する」にチェックする前に、「商品登録」「独自ページの登録」など操作をおこなった場合には自動更新の対象となりません。

「サイトマップを出力する」のチェックを忘れていた場合は、「サイトマップを出力する」にチェックした後に、一時的に商品をコピーし、一時的にコピーした商品を削除することで、XMLサイトマップが自動更新されます。

Google Search Console用のMETAタグ・サイトマップの登録方法

XMLサイトマップの作成が完了してからおこなってください。

Google Search Console (新バージョンご利用の場合)

サーチコンソール
  • 2プロパティタイプの選択画面でURLを入力します。
    右側の「URLプレフィックス」プロパティにURLを入力して「続行」ボタンをクリックします。
    【ショップ作成】>【ショップ情報の設定】>【ドメインの設定】 の適用中のドメインに表示されているショップのURLを入力してください。 ( www 有無の設定の通りにご指定ください)
    【常時SSL】を適用中のショップ様は「https://~」とご入力ください。

    ※左側の「ドメイン」プロパティにURLを入力して設定することもできます。
    その場合は、「http://」「https://」や最後の「/(スラッシュ)」はつけずにドメイン名を入力します。

サーチコンソール
  • 3[ 所有権の確認 ]画面が表示されますので、「 HTMLタグ 」をクリックすると下にMETAタグが表示されます。
  • 4表示されたMETAタグ「<meta name="google-site-verification" content="*******************"/> 」の、「******」の部分をコピーします。
サーチコンソール
  • 5MakeShop管理画面で「METAタグを入力する」をクリックします。

サーチコンソール
  • 62009年10月以降に、Google Search Consoleでサイト所有権を確認するMETAタグを発行した場合はこちらにGoogle Search ConsoleでコピーしたMETAタグを貼り付けます。
  • 72009年9月以前に旧Google ウェブマスターツールでサイト所有権を確認するMETAタグを発行した場合はこちらに旧Google ウェブマスターツールでコピーしたMETAタグを貼り付けます。
  • 8入力後、必ず「保存」ボタンをクリックして反映してください。
  • 9MakeShop管理画面でMETAタグの入力が完了しましたら、先ほどのGoogle Search Console のページに戻り「確認」ボタンをクリックします。
サーチコンソール
  • 10METAタグの確認後、左上で対象のURLを選択し[サイトマップ]をクリックします。
  • 11「新しいサイトマップの追加」に対象のURLの表示の後に、「sitemap.xml」と入力し「送信」をクリックします。これで完了です。

Google Search Console (旧バージョンご利用の場合)

サーチコンソール
  • 2[ ホーム ]画面にて、「プロパティを追加」のボタンをクリックします。
    URLを入力して「続行」ボタンをクリックします。
    【ショップ作成】>【ショップ情報の設定】>【ドメインの設定】 の適用中のドメインに表示されているショップのURLを入力してください。( www 有無の設定の通りにご指定ください)
    ※URL末尾に「/」(スラッシュ)を必ず入力してください。
    【常時SSL】を適用中のショップ様は「https://~」とご入力ください。
サーチコンソール
  • 3[ 所有権の確認 ]画面が表示されますので、「 おすすめの方法 」「 別の方法 」より、『 別の方法 』タブをクリックし、「 HTMLタグ 」を選択すると下にMETAタグが表示されます。
  • 4表示されたMETAタグ「<meta name="google-site-verification" content="*******************"/> 」の、「******」の部分をコピーします。
サーチコンソール
  • 5MakeShop管理画面で「METAタグを入力する」をクリックします。

サーチコンソール
  • 62009年10月以降に、Google Search Consoleでサイト所有権を確認するMETAタグを発行した場合はこちらにGoogle Search ConsoleでコピーしたMETAタグを貼り付けます。
  • 72009年9月以前に旧Google ウェブマスターツールでサイト所有権を確認するMETAタグを発行した場合はこちらに旧Google ウェブマスターツールでコピーしたMETAタグを貼り付けます。
  • 8入力後、必ず「保存」ボタンをクリックして反映してください。
  • 9MakeShop管理画面でMETAタグの入力が完了しましたら、先ほどのGoogle Search Console のページに戻り「確認」ボタンをクリックします。
サーチコンソール
  • 10METAタグの確認後、[ ダッシュボード > クロール > サイトマップ ]をクリックします。
  • 11[サイトマップ]画面が表示されますので「サイトマップの追加テスト」をクリックして、設定したいURLの表示の後に、「sitemap.xml」と入力し「サイトマップを送信」をクリックします。これで完了です。

Bing Web マスター ツール用のMETAタグ・サイトマップの登録方法

XMLサイトマップの作成が完了してからおこなってください。



  • 2[サイトの追加]欄へショップのURLを入力後、「追加」をクリックします。
    ※ショップのURLを「http://」入力します。最後の「/(スラッシュ)」は入力しません。
  • 3[サイトの追加] に入力済みのURLが確認できます。
  • 4[サイトマップ追加] 欄にショップURLと最後にsitemap.xml「http://*************/sitemap.xml」と記載します。
    ※後から追加することも可能です。([ダッシュボード]>[自分のサイトの設定]>[サイトマップ]画面)
  • 5入力後「追加」をクリックします。
  • 6<meta name="msvalidate.01" content="**********">の「**********」の部分をコピーします。
  • 7「確認」をクリックします。

  • 8MakeShop管理画面に戻り「METAタグを入力する」をクリックします。

  • 9[Bing Webmaster Centerにて所有権を確認するMETAタグの入力]に、Bing Web マスター ツールでコピーしたMETAタグを貼り付けます。
  • 10入力後、必ず「保存」ボタンをクリックして反映してください。

集客設定代行サービス

集客方法を駆使したECのプロにおまかせください。「 集客設定代行サービス
ECコンサルタントが「売れる」キーワードを、月間検索件数や競合分析をもとにご提案し、管理画面に設定までおこないます。