• プレミアム
  • ビジネス
  • フリー
  • パソコン
  • スマートフォン

NP後払いの設定

NP後払い決済の利用に関する設定をします。
注文管理は【注文管理】>【決済別注文管理】>【NP後払い】をご参照ください。

NP後払い決済をご利用には、別途ネットプロテクションズへのお申し込みが必要です。

NP後払いの設定

NP後払いの設定
  • 1NP後払い決済を利用する場合は「利用します」を選択してください。
  • 3NP後払いのNPコネクトプロを利用する場合は「自動連携」を選択し、 ネットプロテクションズで発行された「SPコード」を設定してください。

    ※自動連携を利用する場合は必ず設定「SPコード」を設定が必要です。
    ※自動連携は定期購入、複数配送に対応していないため、選択しても利用はできません。
    NP後払いのCSV運用を利用する場合は「手動連携」を選択してください。

    「出荷オプション」はネットプロテクションズ指定以外の運送会社をご利用いただく際のオプションになります。
    通常は配送伝票番号をいただき着荷確認をおこないますが、その工程を省略するものになります。

    ※このオプションは別途ネットプロテクションズとの契約が必要になります。
     契約をせずに利用すると、立替払いの対象とならないこともございますのでご注意ください。

  • 4注文決済画面に表示される備考や注意事項を記載できます。(半角12,000文字入力可能)
    表示例と入力規定文言は、次の決済画面表示例をご参照ください。
  • 5上記の14の設定が終わりましたら確定するために「保存」ボタンをクリックして反映してください。
  • 6NP後払いの決済手数料を設定することができます。
    手数料をお客様負担にする場合は金額範囲を記入してください。
    ※手数料が発生しない場合は未記入でお願いいたします。
    ※NP後払いの手数料は「商品代金(税込)」+「送料」の合算金額で判定しております。
  • 7手数料をお客様負担にする場合は金額範囲を記入してください。
    ※手数料が発生しない場合は未記入でお願いいたします。
  • 8入力済みの金額範囲に対して手数料を入力してください。
    ※手数料を設定しなかった場合は、お客様への手数料は全て0円になります。
  • 9手数料を入力後「保存」ボタンをクリックして反映してください。

決済画面表示例

NP後払いの設定

▼注文決済画面規定文言

下記の規定文言(NP後払い説明文)をコピーして、4へそのまま貼り付けてご利用ください。

「XXXX」には「後払い手数料」を記載してください。
購入者様へ請求されない場合は「XXXX」の箇所に、「無料」と記載してください。
後払い手数料を購入者様へ請求される場合のみ、
「NP後払い手数料設定」にご負担いただく手数料額と範囲を入力してください。
68にて設定した金額と不一致にならないようご注意ください。

利用案内設定例

利用案内設定例NP後払いの設定

▼利用案内画面規定文言

【ショップ作成】>【ショップ情報の設定】>【利用案内設定】
「利用案内の設定項目」お支払いについて(半角65000文字)内へ
下記の規定文言(NP後払い説明文)をコピーして、そのまま貼り付けてご利用ください。

「XXXX」には「後払い手数料」を記載してください。
購入者様へ請求されない場合は「XXXX」の箇所に、「無料」と記載してください。
後払い手数料を購入者様へ請求される場合のみ、
「NP後払い手数料設定」にご負担いただく手数料額と範囲を入力してください。
68にて設定した金額と不一致にならないようご注意ください。

SPコードについて

SPコードは、ネットプロテクションズで発行された、NP後払いの自動連携に必要なコードです。

  • MakeShop経由で発行されたSPコードしか利用することはできません。
  • 1つのSPコードを他のショップで使い回すことはできません。

複数の店舗運営中の場合

MakeShopで複数店舗を運営している場合や他社カートシステム等との併用につきましては、以下のようなシステム構成を検討してください。
※すべての動作保証をするものではございません。

● 多店舗管理ツールを利用してないケース

この場合は、ショップ毎にNP後払いの連携をするようにしてください。

ショップA(SPコード1) → ネットプロテクションズ

ショップB(SPコード2) → ネットプロテクションズ

ショップC(SPコード3) → ネットプロテクションズ

※申し込みの際は複数店舗にて利用したい旨を記載してください。
※必ずショップ毎に異なるSPコードを設定してください。

● 多店舗管理ツールを利用しているケース

この場合は、多店舗管理ツール側でNP後払いの連携をするようにしてください。

ショップA ┓

ショップB ╋ → 多店舗管理ツール(SPコード1) → ネットプロテクションズ

ショップC ┛

※申し込みの際のご報告は不要ですが、MakeShopの自動連携機能は無効(手動を選択)にしてください。
※ショップ側にSPコードの設定は不要です。