PG:リクルートかんたん支払い

リクルートかんたん支払いの注文管理についての説明です。

リクルートかんたん支払いご利用には、別途GMOペイメントゲートウェイへのお申し込みが必要です。

リクルートかんたん支払いの説明

リクルートかんたん支払いステータス

ステータス 内容
[要確認]

リクルートかんたん支払いが未完了の状態です。

購入者が決済処理を途中でやめた場合や、決済途中でPGとの連携に失敗した場合に本ステータスになります。
本ステータスの注文情報では「注文キャンセル」の処理をおこなえます。
注文情報を保持したまま決済を完了させるには、詳細注文情報画面で「決済方法の変更」をおこなってください。

本ステータスの注文情報を「決済方法の変更」をおこなった場合はPGとは連動していませんので、必ずPG管理画面から決済のキャンセルをおこなってください。

[仮売上]

注文者がリクルートかんたん支払い画面で決済処理を正常に完了した状態です。

購入者がリクルートかんたん支払い画面で決済処理を正常に完了した場合に本ステータスになります。
(即時売上設定の場合は、この状態にはなりません)
本ステータスの注文情報では「PG:リクルートかんたん決済実売上処理」と「注文キャンセル」の処理をおこなえます。
実売処理をおこなわないと入金されませんのでご注意ください。

[決済完了] 管理画面で実売上処理を完了した状態です。
[仮売上]の注文に対して、管理画面で実売上処理を完了した場合に、本ステータスになります。
(即時売上設定の場合は注文完了時にこの状態になります)
実売上処理は、PG側へ連携されます。必ずPG管理画面で実売上結果を確認してください。
本ステータスの注文情報では「配送完了」、および「注文キャンセル」の処理をおこなえます。

[注文キャンセル]

管理画面、または注文者が注文履歴画面で注文をキャンセルした状態です。

注文情報を保持したまま注文を処理したい場合は、詳細注文情報画面で「決済方法の変更」をおこなってください。
「決済方法の変更」をおこなった場合、および「実売上後のキャンセル」をおこなった場合はPGとは連動していませんので、必ずPG管理画面から決済のキャンセルをおこなってください。
また実売上後にキャンセルが発生した場合は、個別に購入者様への返金対応をおこなってください。

[売上失敗]

実売上処理でPGとの連携に失敗した状態です。

[仮売上]の注文に対して、管理画面からの操作で実売上処理に失敗した場合に本ステータスになります。
PGステータス同期化バッチ処理を利用される場合は、PG側の決済状況が仮売上、および決済完了の場合にPG側の決済状況に同期化されます。

本ステータスの注文情報では配送処理をおこなっていない注文情報の「注文キャンセル」の処理をおこなえます。
「注文キャンセル」をおこなった場合は、必ずPG管理画面で決済状況をご確認ください。

[決済失敗]

PG側の決済情報が決済失敗、または決済期限切れのため、注文情報を操作できない状態です。

本ステータスの注文情報では決済処理を進めることはできません。
注文情報を保持したまま決済を進める場合は、詳細注文情報画面で「決済方法の変更」をおこなってください。

「キャンセル処理」、および「決済方法の変更」をおこなった場合はPGとは連動していませんので、必ずPG管理画面から決済のキャンセルをおこなってください。

[仮売上期限切れ]

与信を抑えておく期間が過ぎてしまった状態です。

[仮売上]の注文に対して、管理画面からの操作を行わずに決済代行会社の規定日から過ぎてしまった場合に本ステータスになります。
本ステータスの注文情報では「キャンセル処理」、および「決済方法の変更」の処理をおこなえます。

リクルートかんたん支払いの注文管理

■注文の受注

注文が入った時は、注文管理画面の決済ステータスは[仮売上]となっています。

■売上処理

注文内容の確認と配送準備が整ったら、売上処理を実行してください。
正常に売上処理が完了すると決済ステータスは[決済完了]に変更されます。

◇売上処理の種類

売上処理は、以下の3種類の方法でおこなうことができます。

・注文1件ずつ売上処理する方法
・複数の注文を一括で売上処理する方法
・伝票番号一括ステータス変更機能を利用する方法
(【注文管理】>【伝票番号一括ステータス変更機能】)

また、【ショップ作成】>【決済・注文関連の設定】>【PG:リクルートかんたん支払いの設定】
「売上処理種類」より、注文完了時に即時実売りするよう設定することもできます。

■キャンセル処理

MakeShop管理画面からのキャンセル処理は、PGへ連動されます。
キャンセル後は、必ずPG管理画面にてキャンセル内容をご確認ください。

実売り後( [決済完了] )のキャンセル処理は、PGへは連動いたしません。
(MakeShop管理画面上ではキャンセルされます)

PGマルチペイメント サイト管理画面は、以下URLからアクセスしてください。

https://k01.mul-pay.jp/kanri/site/[サイトID]/index/

[サイトID]には、ご契約時にPGよりお伝えされている[サイトID]を指定してください。

PGマルチペイメント ショップ管理画面は、以下URLよりアクセスしてください。

https://k01.mul-pay.jp/kanri/shop/[ショップID]/index/

[ショップID]には、ご契約時にPGよりお伝えされている[ショップID]を指定してください。
[ショップID]は、決済種別ごとに異なりますので、ご注意ください。

売上処理

必ず、期限内に実売上処理を実行してください。
決済ステータスが [仮売上] のままですと、PGから商品代金が入金されません。

一括売上処理

【注文管理】>【注文検索/一括処理】を開きます。

リクルートかんたん支払い 売上処理
  • 1「一括処理を選択」ボタンをクリックし、「一括処理選択」の項目の中から「リクルートかんたん支払い」を選択すると、処理内容:に反映されます。
  • 2リクルートかんたん支払いで[仮売上]の注文を選択します。
    (一番上の項目欄のチェックボックスをクリックすると全ての注文が選択されます)
  • 3「処理を実行」をクリックするとチェックをつけた注文が売上処理されます。

個別売上確認

リクルートかんたん支払い 売上処理
  • 1リクルートかんたん支払いで「仮売上」の注文番号をクリックします。
  • 2「詳細注文情報」画面にある「リクルートかんたん決済実売上処理」ボタンをクリックします。

キャンセル処理

リクルートかんたん支払い キャンセル処理
  • 1処理をする注文番号をクリックします。
    ※キャンセル可能な決済ステータスは、以下の決済ステータスのみです。
    [要確認]、[仮売上(未処理/返送)] 、[決済完了(未処理/返送)]、[決済失敗]、[仮売上期限切れ]

  • 2「詳細注文情報」画面にある「注文キャンセル」ボタンをクリックします。
    MakeShop管理画面からのキャンセル処理は、PGへ連動されます。
    キャンセル後は、必ずPG管理画面にてキャンセル内容をご確認ください。
    ※複数配送注文の場合は、配送先毎に個別キャンセルすることはできません。
    「注文全キャンセル」処理のみおこなえます。

決済ステータス[要確認][決済完了][決済失敗] の注文へのキャンセル処理は、PGへは連動いたしません。
(MakeShop管理画面上でのみキャンセルされます)
実売り後に、キャンセルが発生した際は、購入者様へ直接返金いただくか、決済方法の変更など、個別対応をおこなってください。

金額修正、注文内容の修正

金額の修正

金額の修正
  • 1処理をする注文番号をクリックします。
金額の修正
  • 2注文詳細画面左上の「注文内容修正」ボタンをクリックして、注文内容の修正画面を開きます。
  • 3合計金額の右にある「編集」ボタンをクリックします。
  • 4修正したい合計金額を入力し、「確定」ボタンをクリックします。
    確定すると下図のように、合計金額が修正され、修正した金額「修正額」が赤字で確認できます。
変更内容をGMOPGに送信
  • 5金額を修正した際に「変更内容をGMO-PGに送信」ボタンが表示されますので、必ずクリックしてください。
    クリックすると、GMO-PGの管理画面に注文金額の変更内容を送信します。
    ※変更がない場合や、一度修正した内容を送信済みの場合は、ボタンはクリックできません。
  • 6MakeShop管理画面にて「詳細注文情報」画面にある「リクルートかんたん決済実売上処理」ボタンをクリックします。
    ⇒B:売上処理について
    5「変更内容をGMO-PGに送信」ボタンをクリックせずに売上処理をおこなうと、決済が失敗して代金回収できません。
  • 7リクルートかんたん支払いステータスが「決済完了」となり、PGマルチペイメントの管理画面が自動的に実売上処理へ変更されます。

注文内容の修正

注文内容の修正
  • 1処理をする注文番号をクリックします。
金額の修正
  • 2注文詳細画面左上の「注文内容修正」ボタンをクリックして、注文内容の修正画面を開きます。
    (入金処理をおこなった注文内容を変更することはできません)
変更内容をGMOPGに送信
  • 4注文内容の修正をおこなった際に「変更内容をGMO-PGに送信」ボタンが表示されますので、必ずクリックしてください。
    クリックすると、GMO-PGの管理画面に注文金額の変更内容を送信します。 ※変更がない場合や、一度修正した内容を送信済みの場合は、ボタンはクリックできません。
  • 5MakeShop管理画面にて「詳細注文情報」画面にある「リクルートかんたん決済実売上処理」ボタンをクリックします。
    ⇒B:売上処理について
    4「変更内容をGMO-PGに送信」ボタンをクリックせずに売上処理をおこなうと、決済が失敗して代金回収できません。
  • 6リクルートかんたん支払いステータスが[決済完了]となり、PGマルチペイメントの管理画面が自動的に実売上処理へ変更されます。

「リクルートかんたん支払い」の金額変更可能な条件や期間は以下のとおりです。

■ステータスが[仮売上]の場合

  • 金額変更に制限はありません。
  • 金額変更が成功した場合、リクルートかんたん支払いから購入者に対してメールが送信されます。

■ステータスが[決済完了]の場合

  • 売上、即時売上の確定当日は金額変更を実施することはできません。
  • 売上確定、即時売上の処理完了日から翌月末日まで金額変更が可能です。
  • 合計金額を増額することはできません。
  • 金額変更が成功した場合、リクルートかんたん支払いから購入者に対してメールが送信されます。
  • 売上確定、即時売上を実施した日の翌日AM0:00~AM1:00 は、リクルートかんたん支払いにて金額変更ができません。

※金額変更は何回でも実施することができます。
※購入時にPontaポイントのみを利用して支払いされた場合、金額を増額することはできません。

オーソリ期間の延長

リクルートかんたん支払いでは、「仮売上」の注文には購入時にオーソリ期間(与信確保の期間)が決定されており、期間内に売上処理が実行されない場合は自動キャンセル扱いとなります。

【ショップ作成】>【決済・注文関連の設定】>【PG : リクルートかんたん支払いの設定】にて「オーソリ期間延長設定」を「利用する」としているとき、商品の入荷待ちなどでオーソリ期間内で売上処理が実行できない場合に注文ごとにオーソリ期間を延長することができます。

リクルートかんたん支払い
  • 1リクルートかんたん支払いで「仮売上」の注文番号をクリックします。
  • 2「詳細注文情報」画面にある「オーソリ期間延長」ボタンをクリックすると、対象の注文のオーソリ期間が延長されます。
    ※オーソリ期間の初期値および延長期間はGMO-PGとの契約内容によって異なります。