└定期 クレジットカード決済(PG)

定期購入のクレジットカード決済についての説明です。

PGまたはSGPの継続課金サービスの利用開始日までは、定期購入でクレジットカード決済はご利用できません。
(設定はできますが、実際の決済ができません)

ご注意

  • 支払回数は「一括払い」のみご利用いただけます。分割払い、ボーナス払いなどは選択することができません。
  • 海外発行カード、デビットカードをご利用された場合、チャージバックが発生する可能性がありますので、注意書きに利用できない旨を記載することを推奨します。

クレジットカード利用時の注文から決済までの流れ

PGご利用の場合(SGPも同様の流れとなります)

定期購入注文を確認する

定期購入クレジットカード
  • 1定期購入商品を含む注文を検索できます。検索条件を入力してください。
    注文を確認したい期間を日別にプルダウン形式、または、 カレンダーアイコンをクリックして、カレンダーから日付を選択できます。
    ※初期値は、注文日時、注文番号、処理区分で検索することができます。
    左下の「 検索条件項目を編集 」ボタンをクリックすると検索条件の項目を選択することができます。
    詳細な説明は【注文管理】>【注文の検索】をご確認ください。
  • 2「検索」ボタンをクリックして絞込みをおこないます。
  • 3絞り込みされた注文情報一覧を確認できます。定期購入商品が含まれている注文は、定期アイコンで確認できます。
  • 4一覧から、番号をクリックすると、各定期購入の詳細情報を確認できます。
  • 5[決済待ち]ステータスは、PGのカード決済で定期購入商品の注文が入った状態を表しています。
    定期購入でクレジットカード決済を完了するには、詳細注文情報画面で『配送完了』ボタンをクリックします。

配送作業をおこない、クレジットカード決済の売上登録が可能な状態にします。

  • 1定期購入でクレジットカード決済を完了するには、詳細注文情報画面で「配送完了」ボタンをクリックしてください。
    注意伝票番号一括登録処理中は、決済ステータス、配送ステータスを変更しないでください。
  • 2配送完了ボタンをクリックすると、決済ステータスは[決済完了]と表示されます。
    ご注文データが配送完了ステータスになった翌月8日頃早朝にMakeShopから自動で注文データをまとめて送信します。
    その後、PGマルチペイメント管理画面で売上登録され情報確認ができるようになるのは10日頃となります。
    ※売上データの登録完了日は月により前後します。
    ※通常のクレジットカード決済と異なり、仮売上、実売上の処理をおこなう必要はありません。
  • 3この注文の場合、PGマルチペイメントへの注文データを6/8頃早朝に送信し、6/10頃に売上登録がおこなわれます。

売上登録結果を確認します

毎月18日に売上登録結果が注文管理画面へ反映されます。

定期PGカード決済
  • 1[売上報告済]ステータスは、売上登録された注文が正常に売上処理された状態を表しています。
  • 2[売上失敗]ステータスは、売上登録された注文が正常に完了しなかった状態を表しています。
    お客様にご相談の上、決済方法をご変更いただく等のご対応をお願いいたします。

決済処理の流れ・注意点

例:「9月1日」に注文し、「9月5日」配送完了処理をした場合

定期PGカード決済
  • 1定期注文の注文データ作成
    定期購入による注文データ(Pから始まる番号)には、定期ID(TKから始まる番号)が表示されます。
    その際、決済方法のステータスは「決済待ち」となります。
  • 2配送処理
    注文データを「配送完了」処理をした後、ステータスが「決済完了」となります。
    (※この場合は「決済完了」は、売上データの送信が可能な状態を指しています。
    決済処理の結果は、以降に表示される「売上報告済」や「売上報告失敗」で判断する必要があります。
  • 3PGへの売上データ送信および有効性チェック処理
    クレジットカード情報をPGに送信され、ご登録されたクレジットカード情報が利用可能であるかを確認する有効性チェック処理がPG側でおこなわれます。
  • 4決済方法のステータス確認
    月末までに配送完了処理が完了している注文分(※)がPGに報告され、各カードへ決済の計上処理がおこなわれます。
    ※[売上報告済][売上失敗][キャンセル]の注文は除く。
  • 5PG管理画面上での売上データの反映
    毎月8日頃に送信された売上データがPG管理画面に反映されます。
  • 6MS管理画面での売上反映
    PGの管理画面に反映されていた各カードへ決済の計上処理が、MakeShopの管理画面上にも反映されます。
    クレジットカードの請求に関しての詳細は、PGの管理画面でのみご確認が可能です。

    正常にカード会社へ注文データの報告が行われた場合:「売上報告済」
    カード会社へ注文データの報告が失敗した場合:「売上失敗」

  • 7有効性チェックの結果の反映
    毎月27日頃に有効性チェックの結果がカード会社から返却され、定期購入基本データ詳細画面に反映されます。
  • 8クレジットカードの有効性の結果確認
    有効性NGとなった注文分に対し、ショップ様・注文者様へ「再決済・決済方法変更のご案内」メールが送信されます。

    ※有効性チェック結果がNGだった場合、次月の7日までにクレジットカード情報を再登録されない場合は、有効性チェックデータは送信されません。
    その際は次回以降に作成される注文ではクレジットカード決済がおこなえなくなります。

「再決済・決済方法変更のご案内」メールを確認後、すみやかにショップページにて カードの再登録をしていただくよう購入者様にご案内をお願いいたします。
再登録が行われた場合「決済方法変更完了通知」メールが購入者様・ショップ様に送信されます。

※「売上失敗」ステータスの注文の場合、クレジットカードでの請求はおこなえません。
別決済でのご請求や、購入者様にクレジットカード情報の再登録をいただいたのち、次月の請求と合算するなどの方法をご検討ください。

クレジットカードの有効性チェック

定期購入注文時にご登録いただいたクレジットカードが有効な状態かを毎月チェックする処理をおこなっています。

毎月27日頃に有効性チェックの結果がカード会社から返却され、定期購入基本データ詳細画面に反映されます。

定期PGカード決済

この際に有効性の確認ができなかった(有効性NGの)購入者様には、自動で「決済方法変更のご案内」メールが送信されます。
このメールは、【注文管理】>【定期購入の確認】「定期購入照会」から対象者への一括送信も可能です。

購入者様に『ショップの注文履歴画面』から決済方法の変更をしていただき、カード情報の更新をしていただければ引き続きクレジットカード決済がご利用いただけます。

定期PGカード決済