• プレミアム
  • ビジネス
  • フリー
  • パソコン
  • スマートフォン

定期購入の基本設定

【ショップ作成】>【定期購入の設定】>【定期購入の基本設定】
定期購入の利用の有無など基本設定することができます。

定期購入基本設定

定期購入の基本設定
  • 1定期購入機能を有効にするには「利用する」を選択してください。
  • 2「洗替継続課金」と「洗替一括オーソリ」から運用方法を選択し、任意で切り替えることが可能です。
    ※新たにご契約いただいたショップ様は「洗替継続課金」が初期設定となります。

・洗替継続課金

毎月8日頃、MakeShopからGMO-PGへ定期クレジットカード注文(前月に配送完了処理済)の売上登録をおこない、その処理結果は毎月18日頃に返却されます。
カード会社の売上処理結果が「NG」の場合でも、GMO-PGとのご契約内容により一定額の売上が保証されます。

・洗替一括オーソリ

上記、売上処理結果の返却が毎月11日頃となります。
カード会社の売上処理結果が「NG」の場合に保証がありませんので、別の決済方法などで請求をおこなっていただく必要があります。

洗替継続課金運用から洗替一括オーソリ運用へ変更時の注意事項

  • 設定の変更は次回の売上登録処理から反映されます。
  • カードの有効性チェックの流れに変更はありません。
  • 与信枠(オーソリ)の確保はおこないません。
  • 新たに、PG定期購入をご契約いただいたショップ様は「洗替継続課金」が初期設定となります。
  • カード会社への課金データ伝送スケジュールが、これまでの運用方式と異なるため、エンドユーザー様への請求タイミングが異なり、1ヵ月課金がされない(または、1ヵ月に2回分の請求がされる)場合がございます。
    ※1年間通期で考えますと請求額は同一ですが、エンドユーザー様からお問合せいただくことが想定されます。
  • 洗替継続課金運用では、有効期限に関わらず、洗替ファイル返却時にカード会社がOKと判断したものはフロアリミット(上限30,000円)以内であれば、古いカード情報でも課金ができる仕様となっております。
    洗替継続課金からオーソリ取得の運用へ変更されることで、移行後の初回課金時には登録されているカード情報(古いカード情報のまま)にて、オーソリを取得するため、有効期限切れのエラーが発生する場合がございます。
  • 運用変更にあたりご不明点等ございましたら、GMOペイメントゲートウェイ営業担当までお問い合わせください。
  • 3【初回配送日設定】
    初回の配送希望日として指定させない日数を設定してください。
    ※初回配送希望日を「1」日間とした場合、翌々日からの指定が可能となります。
  • 4【購入者による注文内容の変更制御】
    購入者が「注文履歴ページ」から定期商品の削除や数量を変更できるようにする設定です。
    購入者が変更された内容は、次の注文の作成時に反映されます。
    ※購入者による商品の追加は設定できません。商品の追加は管理画面側でのみ可能です。
  • 5【お届けサイクル変更可否の設定】
    購入者が「注文履歴ページ」からお届けサイクルを変更できるようにする設定です。
    変更後の最初のお届け日として指定できない日数を設定します。
    ※ショップが管理画面でサイクル変更する場合、次回のお届け日に制限はありません。
  • 6【配送準備期間の設定】
    2回目以降の注文データを配送希望日の何日前に作るかを設定します。
    入金確認にかかる日数など、ショップの運用に合わせて配送準備に必要な日数を設定してください。
  • 7【出荷予定日の自動挿入】
    注文データの作成時に、出荷予定日を自動挿入する設定です。
    「しない」を設定した場合は、【注文検索/一括処理 】画面で、手動登録してください。
    ※初回(お届け回数:1回目)の注文データには自動挿入されません。
    2回目以降に自動生成された注文データより自動挿入されます。
  • 8【購入者による定期購入の解約制御】
    購入者がショップのマイページ(注文履歴ページ)から定期購入を解約できるようにする設定です。
  • 9注文履歴ページ」で解約ボタンをクリックした際に表示される確認ダイアログのメッセージを入力します。
  • 10【購入者による住所情報の変更制御】
    購入者がショップのマイページ(注文履歴ページ)から定期購入注文の配送先住所を変更できるようにする設定です。
    「変更できる」設定の場合は、「定期購入の設定変更」画面に「注文者・配送先情報の変更」のボタンが表示され、注文者が住所変更をできるようになります。
    変更された場合、ショップに以下のメールが送られます。
    差出人 ショップ作成 > ショップ情報の設定 > お問い合わせ先設定 >お問い合わせメール
    宛先 ショップ作成 > ショップ情報の設定 > お問い合わせ先設定 >お問い合わせメール
    件名 定期購入の住所情報が変更されました

    本文

    本メールは定期購入の住所変更についてお知らせする 自動配信メールです。

    ————————————————————

     

    以下の定期購入の住所情報が変更されました。

     

    ————————————————————

     

    定期購入ID:TK*****************

    変更日時 :****/**/**** (**:**)

     

    ————————————————————

     

    ※このメールは、ショップ画面の
    【注文履歴 > 定期購入の設定変更 > 住所情報変更画面】の
    変更画面で保存ボタンがクリックされた場合、内容変更の
    有無にかかわらず送信されます。

  • 11注文者・配送先情報の変更」画面の上部に表示されるメッセージを設定できます。(HTML入力可)
  • 12注文者・配送先情報の変更」画面の下部に表示されるメッセージを設定できます。(HTML入力可)
  • 13【決済画面の総額表示設定】
    決済第三画面で総額を表示するかどうかを設定できます。
    ※定期購入時に、複数回の継続を義務付けているショップ様におかれましては、総額表示が必須です。
    詳しくは消費者庁より発表された特商法ガイドラインをご確認ください。

    インターネット通販における 「意に反して契約の申し込みをさせようとする行為」 に係るガイドライン

設定を保存

保存する

上記の設定を変更する際は、必ず「保存」ボタンをクリックして反映してください。

注文データは、注文確定日の午前8時に順次作成されます。入金確認、出荷作業など配送前の準備期間を十分に考慮して設定してください。
運用中に配送準備期間を変更した場合、次回の注文データの作成時から新しい設定を反映します。