• プレミアム
  • ビジネス
  • フリー
  • パソコン
  • スマートフォン

受信メール確認

【メールアカウント発行・設定】で登録した「メールアカウント1」の受信・送信管理をおこなうことのできるWebメール管理画面です。

2019年5月29日にメールサーバーが移行しました。
詳細は【重要】5/29 メールサーバー移行のご案内をご確認ください。

メールアカウントのメールサーバー確認方法

発行済みメールアカウントのメールサーバーを確認します。
【メール】>【メール管理】>【メールアカウント発行・設定】の「利用メールサーバー」で表示された数字が現在ご利用できるWebメールです。

メールサーバー確認

【受信メール確認】の利用方法

管理画面から【メールアカウント発行・設定】で発行したメールのメールサーバーを操作できます。

Roundcubeメール設定
  • 1新着メールの確認(再読込み)がおこなえます。
  • 2メールの新規作成がおこなえます。⇒新規メールの作成
  • 3選択したメールに対して返信がおこなえます。
  • 4選択したメールに対して差出人と全ての宛先に返信がおこなえます。
  • 5選択したメールに対して転送がおこなえます。
  • 6選択したメールに対して削除がおこなえます。
  • 7登録済みのアドレス帳を開くことができます。
  • 8受信フォルダの階層を増やしたり、署名の設定などをおこなえます。⇒署名の設定
  • 9選択したメールに対してさまざまな操作がおこなえます。
    メール続くの設定
※迷惑メール対策機能のご用意はございません。メールクライアントをご利用いただきご対応ください。

新規メールの作成

「新規作成」をクリックしてメールを作成します。

メール新規作成
  • 1メール送信者の情報です。相手先に届いた際に送信者の欄に表示される名前になります。
  • 2送信したい宛先(メールアドレス)を入力してください。
  • 3作成するメールの件名を入力してください。
  • 4メール作成画面の左側の矢印をクリックすると、詳細な項目の設定が可能です。必要に応じてご利用ください。
  • 5メールの内容を入力してください。
  • 6添付したいファイルがある場合、ボタンをクリックしてファイルを選択してください。
  • 7メールの作成を中止します。
  • 8メールの内容を入力し「送信」ボタンをクリックするとメールが送信されます。
  • 9作成中のメールを「下書き」フォルダに保存します。

署名の設定

署名の設定
  • 1「設定」をクリックすると設定項目が表示されます。
署名の設定
  • 2「識別情報」メニューを選択します。新規作成する場合は「+」をクリックしてください。
  • 3「表示名」「署名」を必要に応じて表示したい内容を入力してください。
  • 4「保存」ボタンをクリックすると反映されます。

メールサーバーへのアクセス方法

以下のURLからメールサーバーへアクセスし、ご利用可能です。

ログイン情報

ユーザー名:メールアドレス

パスワード:【メール】>【メール管理】>【メールアカウント発行・設定】で設定したパスワード

■メール1

https://mail1.makeshop.jp/webmail

■メール2

https://mail2.makeshop.jp/webmail

■メール3

https://mail3.makeshop.jp/webmail

■メール4

https://mail4.makeshop.jp/webmail

メール容量について

  プレミアムショッププラン ビジネスショッププラン フリーショッププラン
「メールアカウント1」容量 100MB 20MB 20MB
「メールアカウント2」
「メールアカウント3」容量
100MB 10MB 10MB

※使用量が100%に達するとメールを受信できなくなりますので、定期的に容量を確認してください。
「ごみ箱」を空にすることでメールがサーバーから削除され、空き容量が増えます。

メールサーバー内のメール削除について

【メールアカウント発行・設定】にて発行したメールアカウントについて、サーバー内のメールを一括削除したい場合は、ご利用のメールソフト上より削除をおこなっていただく必要がございます。

※OutLookExpress の場合の削除方法

  • 1.『ツール』 >「アカウント」> [プロパティ] >「詳細設定」より、『サーバーにメッセージのコピーを置く』のチェックを外します。
  • 2.何かのメールを受信し、サーバー内のデータを削除します。
  • 3.『サーバーにメッセージのコピーを置く』のチェックを戻します。
    ※サーバーから削除する日数を、短くご設定頂くことで、容量が極端に 減るのを防ぐことができます。
なお、上記削除をおこなう際は、あらかじめメールソフト内へメールの受信を全て完了してからおこなってください。