• プレミアム
  • ビジネス
  • フリー
  • パソコン
  • スマートフォン

クーポンの設定

購入者が利用できるクーポンを作成することができます。

クーポンの新規作成

クーポンの新規作成
  • 1新規作成ボタンをクリックすると、以下のページが表示されます。
クーポンの作成
  • 1登録するクーポン名を入力することができます。(半角200文字(全角100文字)入力可能)
    クーポンを管理するための名称です。ショップページには表示されません。
    【注文管理 】>【注文書EXCEL出力の設定】から「クーポン名」の項目を追加することで 受注CSVとしてこの名称をダウンロードすることが可能です。
  • 2購入者が「決済画面STEP1」で入力するためのクーポンコードを自由に設定することができます。
    (半角英数字20文字以内入力可能)大文字小文字は判別しません。
    ※ユーザーごとにクーポンコードを変えることはできません。
    ※クーポンコードは一度登録したら変更することができません。クーポンコードを変えたい場合は削除して登録しなおしてください。
    ※登録済みクーポンのクーポンコードと重複して登録することはできません。
    ただし、既に存在するクーポンを削除すれば同じクーポンコードで登録することができます。

    「コード自動発行」…どういったクーポンコードを入力すればよいのかわからない場合は「コード自動発行」ボタンをクリックしてください。
    ランダムな半角英数字を20文字以内で自動生成し入力します。

    【注文管理】>【注文書EXCEL出力の設定】から「クーポンコード」の項目を追加することで 受注CSVとして利用されたクーポンコードをダウンロードすることが可能です。

  • 3ショップで利用できる状態を設定できます。
    「有効」…クーポンをショップで使うことができます。
    ※「有効」のクーポンはクーポン一覧で削除することができません。
    「無効」…クーポンをショップで使うことができません。
    ※作成したクーポンをクーポン一覧で削除したい場合は「無効」に切り替えてください。
  • 4登録したクーポンの総利用回数を制限することができます。
    「無制限」…何回でも使えるクーポンにすることができます。
    「制限あり」…最大9ケタまで設定可能です。
    100回の制限にした場合、100人の購入者がそれぞれ1回使うことができます。
    また、1人の購入者が100回使うことができます。
    ※「制限あり」のクーポンを利用し、注文後キャンセルしてもクーポンの総利用回数に変更はありません。(回数は戻りません)
  • 5会員専用クーポンを作ることができます。
    また、会員グループごとに利用の制御もできます。※会員グループをあらかじめ作っておく必要があります。
  • 6 1人につき利用回数を設定することができます。※「利用者制限」を会員専用にしておく必要があります。
    例)1人様1回限りのクーポン など
    ※最大999,999,999回まで設定可能です。
    ※カウント対象は会員IDです。
  • 7設定中のクーポンの最低利用金額を設定することができます。
    「無制限」…最低利用金額を設定しない場合は無制限を選択します。
    「制限あり」…最低利用金額を設定する場合は、制限ありを選択し、最低利用金額を入力します。最大9ケタまで設定可能です。
    最低利用金額の判別は「決済画面STEP1」に表示される「合計(税込)」の値に準じます。

    決済画面

    上図合計金額でのクーポン利用可否例

    ・5,000円以上の注文で300円の割り引きクーポンの場合: 合計金額が達しているためクーポン割引き利用できます。

    ・20,000円以上の注文で50%の割り引きクーポンの場合: 小計は達しているが、合計金額が達していないためクーポン割引き利用できません。

  • 8クーポンの割引方法を設定することができます。

    「定額割引」…入力した価格を「商品合計+送料」から割り引くことができます。
    割引金額によってはクーポンだけで0円決済にすることも可能です。

    最大9ケタまで設定可能です。

    「定率割引」…「決済画面STEP1」に表示される「合計」に対し、設定したパーセンテージを掛けた値が割引額として「決済画面STEP2」に表示されます。
    そのため割引額の絶対額が合計値となり、送料まで割り引くことはできません。
    最大3ケタまで設定可能です。

    割引時の計算方法は以下の通りです。
    (商品の税込販売価格×個数) – {(商品の税込販売価格×個数)×割引率}
    ※小数点以下の端数は切り捨てとなります。

    「送料無料」…「決済画面STEP3」で確定する配送料金を無料にすることができます。
    複数配送注文や送料個別設定にて2つ以上の送料が発生する場合にも、各配送に発生する送料の合計を無料にすることができます。

    ※クーポン割引額表示のタイミングについて

    クーポン割引額表示のタイミングについて

  • 9クーポンの利用期間を「年」「月」「日」「時」単位で設定することができます。
    「無期限」…期限なしでクーポンを設定します。
    「開始」と「終了」を設定することにより期限付きのクーポンにすることができます。
    クーポン終了時間は「決済画面STEP1」にて「次へ」ボタンをクリックした時間で判別します。
    例)
    終了:○月○日23時 としている場合
    22:59に「次へ」ボタンをクリックした注文はクーポン利用可能です。
    23:00に「次へ」ボタンをクリックした注文はクーポン利用できません。
  • MakeShopのクーポン機能は会員・非会員関係なく利用できます。
    ※2016年6月23日(木)より「会員専用」のクーポンが作成できるようになりました。
  • 基本、早い者勝ちとなります。
    注文データが生成された時点で、1回分が減ります。
    残り1回のクーポンに対し、3人の訪問者が同時に決済画面の「STEP2」に遷移した場合一番早く決済を完了させた購入者がクーポンを利用できます。残りの2人はクーポンを利用することができないため、「STEP3」または「STEP4」へ遷移する際にエラーが表示され買い物かご画面へ戻されます。
  • 10「保存」ボタンをクリックするとクーポンの登録を完了することができます。
    クーポン登録数の上限はありません。

作成済みクーポン一覧

作成済みクーポン一覧
  • 1作成したクーポンの状態を表します。
    「有効」…ショップでクーポンを使うことのできる状態です。
    登録済みクーポンが1個でも「有効」の状態のクーポンがあれば「決済画面STEP1」にクーポンコードを入力するフォームが表示されます。
    ※有効中のクーポンが1つも設定されていない場合は、決済画面にクーポンコードを入力するフォームは表示されません。
    「無効」…クーポンの状態を無効にしたものです。
    クーポンを登録したけど今の時期は使わせたくないなどの理由で無効にしておくことができます。
    「終了」…利用期間を設定したが期間外のクーポンです。
    また、総利用回数が上限に達した場合にも終了が表示されます。
    ※状態を「無効」にしていても利用期間外、もしくは総利用回数の上限に達しているものに関しては「終了」が表示されます。
  • 2クーポン名を確認することができます。
  • 3クーポンコードを確認することができます。
    クーポンコードをクリックすると範囲選択されるのでそのままコピーすることができます。
    メルマガやWebサイトなどにクーポンコードを貼りつけて販売促進にお役立てください。
    【グループメール配信機能(無料)】を使って配信する
    【メール配信プラス機能(有料オプション)】を使って配信する
    ・クーポンコードなどを貼りつけてPRページを作りたい場合【独自ページ入力】を利用する
  • 4設定済みの割引を確認することができます。
  • 5設定済みのクーポンを修正することができます。
  • 6設定済みの「無効」または「終了」状態のクーポンを削除することができます。
    「有効」状態のものは削除できません。削除したい場合は「無効」状態に変更することで削除することができます。
  • 7一覧の1ページに表示される件数をプルダウンから変更することができます。
  • 8一覧表示の絞り込み条件を設定することができます。
    「すべて」…登録されているクーポンすべてが表示されます。
    「有効」…状態が有効であるクーポンが表示されます。
    「無効」…状態が無効であるクーポンが表示されます。
    「終了」…状態が終了であるクーポンが表示されます。
    「購入アシスト経由」…購入アシストで設定されたクーポンが表示されます。

クーポンの設定注意事項

登録済みクーポンの修正に関して

  • 管理画面で「有効」中のクーポンに対し「総利用回数」以外の項目を変更したとしても、 既に決済画面「STEP2」以降に進んだユーザーのクーポンは「STEP1」から「STEP2」に進む瞬間の管理画面で設定されているクーポン情報で購入されます。
    ただし、「総利用回数」に限りは商品の在庫数と同じ概念のため、全STEPにて上限のチェックを都度おこないます。

全額ポイント清算について

クーポンを利用することなく0円で購入できる場合について

  • 定額割引・定率割引のクーポンを利用した際、決済画面の「STEP3」に進んだ時点で 商品小計0円、送料0円の場合、クーポンは利用されません。(クーポン割引額の表示が消えます)
  • 送料無料クーポンの場合は 送料が最初から0円(無料)であれば、送料無料クーポンは利用されません。(クーポン割引額の表示が消えます)

予約商品の分割注文について

  • 予約商品の分割注文はクーポンを利用することができません。
    決済画面「STEP1」の配送オプションで「発送準備ができたものから配送する」が選択されている注文では、 クーポンコードを入力しても「STEP2」に進む時点でエラーが返されるため購入することができません。

    予約商品の分割注文
    予約商品の分割注文

    ※また、クーポンが利用された予約商品の注文は「注文分割」をすることができません。
    注文情報の修正画面で「注文を分割する」というボタンが表示されません。

注文統合の際はクーポン割引額が合算されます

  • 統合した注文のクーポン割引額の表示は詳細注文情報画面で「クーポン割引額 (注文統合済み) 」と表示されます。

以下の注文ではクーポンを利用することができません

  • 「定期購入」の商品を含んだ注文
  • 「まとめ買い割引」に適用された商品注文分は、割引方法「送料無料」のクーポンのみ利用可能

購入アシストから連携されたクーポン設定について

2017年4月17日 15:00以降に購入アシストで登録されたクーポン設定はこちらのクーポン設定画面に自動連携されます。
購入アシスト経由のクーポン設定は、下記ご確認の上ご利用ください。

  • MakeShop管理画面で編集可能な項目は「クーポン名」「状態」のみです。
  • 利用期間の終了日時は購入アシストから変更できます。
  • 状態を変更する際は、購入アシストの設定も変更してください。
    例1:購入アシストで「停止」を設定後、状態を「無効」にする。
    例2:状態を「有効」に切り替えた後、購入アシストで「再開」を設定する。

クーポン利用例

5,000円以上の注文で300円の割り引きクーポンの場合

合計金額が達しているためクーポン割引き利用できます。

クーポン利用例

10,000円以上の注文で送料無料クーポンの場合

合計金額が達しているためクーポン割引き利用できます。

クーポン利用例